堺市の鍼灸院・よこやま鍼灸整骨院

の評判

一日も早い競技復帰を堺市で目指すため鍼灸院で全力対応

部活動で全国大会や甲子園を目指す学生の方々や、社会人になってから大好きなスポーツを続け、目標とする大会での入賞を目指す方々など、年齢は関係なく各々が楽しんでいらっしゃいます。その際、特にストイックな方に注意が必要なのが、スポーツ障害です。「脛の内側がランニングのたびに痛むようになった」等といった際には、その部位のオーバーユースで患部に炎症が起こっていること想定されるため、一度鍼灸院へのご予約がおすすめです。堺市近隣のスポーツ愛好家の方々にからご好評の口コミをいただけるよう、全力で対応いたします。

スポーツ診療を提供する鍼灸院として堺市の皆様を早期回復へ

スポーツは身体にあえて負荷をかけることで運動そのものを楽しむといった性質上、常にケガのリスクが隣り合わせの娯楽です。スキージャンプやスカイダイビングなどの本当に命の危険が伴う競技もあれば、サッカー・野球・テニスなどといったそこまでの危険がない安全な競技まで多種多様であり、これらで特に注意が必要なのが関節や筋のオーバーユースです。運動中はドーパミンやエンドルフィンなどの快楽物質が分泌され、ランナーズハイと呼ばれる状態に近いものを感じたことのある方も多いのではないでしょうか。

その状態では、疲れや痛みがほとんど感じられず、運動パフォーマンスは急激に上昇することから、プロのスポーツ選手の中には意図的にその「ゾーン」に入る訓練をしている方もいらっしゃるほどです。この状態では痛みを感じにくくなるため、オーバーユースにならないよう注意が必要なのですが、万が一の際にはスポーツ診療で対応が可能です。

シンスプリントに堺市で悩む新人の皆様を鍼灸院でお迎え

脛の中央から下側1/3にかけてズキズキ痛み出してしまうシンスプリント、走ることが多いスポーツに従事している方に多い傾向が見られます。陸上競技における長距離ランナー・サッカー・バスケットボールは特に長時間の足部に過剰な負荷がかかり、その結果脛の内側に炎症が定着してしまうのです。痛みを感じる頃にはすでに慢性化した後であり、痛みを感じないと発症を感知することは困難であるため、日頃からストレッチや休息をしっかりとるなどといった予防の意識が非常に大切です。

また、骨盤が歪んで足部に過剰な負荷がかかりやすくなっている方もお見受けします。足を組んで座る、横座りや女の子座りが日常化している、電車のホームでいつも片足に体重をかけながらスマートフォンを操作しているといった癖がある方は骨盤が歪みやすく、シンスプリントの発症リスクも上がってしまいます。その際は長期的な超音波施術などで、しっかり回復させます。

オスグッドが辛い堺市の子ども達に鍼灸院でスポーツ診療を

オスグッドは成長痛とも呼ばれ、特に骨格が急激に成長する中学生前後の学生に多いことから由来しています。成長が早い子どもの場合は小学5年生など若い時期に発症することもあり、その共通点が、「骨格が急激に成長している真っ最中」であることと「本気でほぼ毎日練習に打ち込むスポーツがある」といった二点です。サッカー・野球・バスケ・テニス・陸上などは、学生にも人気があり、特に部活動が始まる中学生は注意が必要です。

毎日3〜4時間放課後に練習し、さらに朝練で1時間汗を流す生徒様もいらっしゃり、その場合においてはオスグッドの発症リスクはグンと上がってしまうこと必至です。少しだけ膝小僧の下が痛むくらいであれば問題ありませんが、これが歩けなかったり正座もできないほど痛んだりするようであれば、まずは鍼灸院にご予約をお入れください。堺市近隣で部活動に熱中し、夢を追いかける学生を、スポーツ診療で応援いたします。